チワワってどんな犬?【 チワワ・ブリーダーズ 】

現在の登録犬数365頭|登録ブリーダー数334


  1. チワワ・ブリーダーズ
  2. >
  3. 子犬の検索
  4. >
  5. チワワってどんな犬?

チワワってどんな犬?

チワワの魅力

チワワの子犬 チワワの人気に火をつけたのは、ご存じアイフルCMで有名な
アイドル犬の「くーちゃん」です。
あなたもそのかわいらしい仕草に、心を奪われた1人なのでは
ないでしょうか?

今は一時期に比べ、その人気もだいぶ落ち着いてきましたが、
JKCの登録数ではいまだに上位を継続中!
チワワの人気が一時的な流行でないことを示しています。

本当に小さくて、おそろしいほどかわいらしいチワワ、
その魅力の一部でも列挙してみますね。


1.愛嬌のあるお顔と潤んだ大きな瞳

あの大きな潤んだ瞳に見つめられると、思わずにんまりとしてしまいますよね。
今、チワワを飼われている方の中には、あの「目力」にやられてしまった方が
かなり多いのではないでしょうか?

チワワはあの大きなお目目で、本当にいろいろ感情を表現してくれるんです。
でも、かわいすぎるからって甘やかしすぎには注意してくださいね(*^^*)


2.世界最小サイズのそのカラダ

ポケットサイズのチワワは、その小ささから「ポケットドッグ」とも呼ばれます。
やはりマンションなどでは、小さなワンちゃんは非常に飼いやすいです。

また、体が小さいため、それほど運動量も必要とせず、
お散歩が毎日の強制でないところもうれしいところです。

ただし、チワワはとってもお散歩が大好きな犬種です。
お時間ある時には、積極的にお外に連れ出してあげてくださいね。


3.意外と頭が良く、しつけしやすい

チワワは、世界最小といわれるサイズながら頭が良く、しつけしやすいのも魅力。
人間のパートナーに相応しい犬種のひとつといえるでしょう。

ただ、自意識がちょっと強いですので、甘やかしすぎると自分が偉いと勘違いしてしまい、
飼い主さんの言うことを聞かなくなってしまう可能性があります。
逆に一度リーダーだと認めると、甘え上手で、非常に飼いやすい子に育ってくれます。

子育てのように、ダメなことはダメときちんと教えてあげれば、
普通に成長してくれますのでそれほど心配の必要はないですよ。


4.豊富なカラーが魅力的

他の犬種に無いくらい豊富な毛色が、非常に魅力的です。
単色、パーティーカラー(2色)、トライカラー(3色)があり、組み合わせで何十通りに!
毛質でロングコートとスムースコートもあり、迷ってしまうくらいですよね。

中にはレアカラーとしてプレミアが付いているチワワもいるくらいです。


チワワの歴史

チワワはメキシコが原産国とされていますが、そのルーツには諸説があります。
(つまり歴史が古すぎて、ルーツをはっきりとたどれないということです。)

なかでも有力とされているのは、メキシコの先住民族が9~10世紀頃から飼っていた
テチチが先祖であるという説です。
テチチは、アステカ文明の反映を支えたトルテック族やアズテック族によって
ペットとして可愛がられ、同時に、宗教儀式に欠かせない存在だったようです。

その後、チワワが現在のようなスタイルになったのは、1850年頃のこと。
アメリカ人が、メキシコとアメリカの国境周辺で飼育されていたトーイ犬を持ち帰って、
今の姿のチワワに改良固定したといわれています。
※名前の由来となったチワワ州(Estado de Chihuahua)もその周辺

1904年には畜犬団体にチワワ(Chihuahua)として犬種登録され、日本には
1946年頃米軍の方が輸入をしてペットとして飼い始めたのが最初です。

当初のチワワの毛質はスムースだけでしたが、その後、さらにパピヨンや
ヨークシャテリアなどと交配が進み、ロングコートチワワが誕生しました。

このほかにも、古代エジプトがチワワの原産国であるという説もあります。


チワワの特徴

チワワの子犬 1.チワワのスタンダード

犬のスタンダードとは、犬の純潔性を守るため、
その犬の理想の形態や気質などを細かく定めたものです。

ここでは、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が定める、
「チワワ」のスタンダードを大まかに記載します。

◎サイズ
体高: 12cm前後~20cm
体重: 500g~3.0kg(1~2kgが望ましい)

◎頭部
「アップルドーム」と呼ばれるラブリーな丸い形をしていて、
頭のてっぺんには「モレラ」と呼ばれる”くぼみ”があることが多いです。

◎性格
機敏で注意深く、活発でありたいへん勇敢です。

◎被毛
短毛の「スムース」と、長毛の「ロング」の2種類。
スムースは、艶やかで柔らかい毛が密集し、首にふさ毛があります。
ロングの毛は柔らかく直毛とウェーブがあります。
また、耳に長い飾り毛、首や尾にもふさ毛があります。

日本では断然、ロングコートのほうが人気が高いですが、
最近になってスムースもじわじわと人気を盛り返してきています。
逆にアメリカではスムースの方がダントツで人気があるようです。


2.チワワの豊富な毛色(カラーコート)

スタンダードでは全ての色調および組み合わせが認められています。

そのため、チワワの毛色には、単色のほか、白地をベースに色の斑点がある
2色のパーティーカラーや顔が3色で構成されているトライカラーなどがあります。

単色の代表的なカラーは、セーブル、クリーム、ゴールデン、チョコレートなど。
2色のパーティカラーの組み合わせは、レッド&ホワイト、ブラック&ホワイト、
レモン&ホワイトなどがあります。

このほかにも、鼻を中心に顔の先が黒いものをブラックマスク、
差し毛を意味するブリンドルなど、バリエーションは尽きません。


いろいろ見てきましたが、スタンダードからはずれている場合でも、
それはその子の個性であるといえますので、愛情をたくさん注いで育ててあげてくださいね。

ペットとして愛情を注いで飼う分には、スタンダードなんて関係ないですからね(*^^*)


あなたにぴったりの子犬を検索